いぼの手術に踏み切るなら|確実に排除する秘訣

元のキレイな肌に
鏡を見る女性

気になるいぼを除去する

いぼができたらまずは自分で判断せずに、病院で自分にあった治療方法を行うことが必要です。いぼの治療方法にはレーザー手術や焼灼による手術、液体窒素による手術、内服薬による治療があります。予算などを考慮して治療方法を決めていきましょう。

注射を持つ医者

なめらかな素肌になれる

黒いものや突起が出ているものなど、いぼには色々な種類があり個人差があります。目立つ顔や首にあると目立つので、美容皮膚科や美容外科で手術ができます。レーザーは保険適用外ですが、切除や電気焼灼法は1回1000円から5000円です。

再発のリスクを避ける

カウンセリング

色々な治療法があります

皮膚に何かできものができると、これがいぼなのかそれとも違う何かなのかと不安になります。素人が見てもそれがいぼであるとは言い切れず、そのまま様子を見ているものの、一向に消失しないなんてことも珍しくありません。この段階で、皮膚科に行くという人も多いのではないでしょうか。そもそもいぼができる原因とはどのようなものなのでしょうか。実はその多くがウイルスによる感染が原因だと言われています。いぼの治療方法は様々ではありますが、何となく痛そうと足が遠のいているという人もいるかもしれません。今回は、いぼの治療方法と手術について詳しく説明していきましょう。まず、治療に関しては、自宅でケアするものと病院で処置してもらうものの2種類に大きく分類されます。自宅でケアする方法としては、いぼを除去するための市販薬などを使用し、ケアしていくものがあります。ただし、できた場所によっては使用することができないことから、病院で適切な処置をしてもらう方がおすすめです。民間療法などのケア方法もありますが、どれも確証や根拠があるわけではないので注意してください。また自分でケアすると、状態が悪化してしまう可能性もあります。皮膚の異常に気付いたらまずは病院を受診することが大切です。病院でのケアとしては、手術や内服薬による治療がメインになるでしょう。手術方法は様々で、病院によってその選択肢も変わると言われています。最近では手術の選択前に内服薬にて様子を見ることが多くなっているようです。また、昔から取り入れられている手術方法として、患部に液体窒素を直接かけて除去する冷凍凝固術などが有名ですが、これは皮膚に負担をかけてしまいますし、人によっては術後に痛みが強く出てしまうことがあります。また患部が水に濡れないように気をつけなければいけないなど、日常生活への負担もあるでしょう。また手術の種類によっては、治療費が高額になってしまう可能性もあります。これだけを見るとデメリットしか感じませんが、実はいぼの根までしっかり取る方法としては手術が一番であり、再発しにくいというメリットもあるのです。内服薬には「ヨクイニン」と呼ばれるものが使用されます。これはハトムギの種から作られているのですが、いぼに直接効果があるものではなく、栄養価の高いヨクイニンを摂取することで体の免疫力を向上させ、ウイルスを減らすことができるとされています。ただし、これは即効性のあるものではない為、すぐには除去されません。他にも外用薬を使った治療法もありますが、再発のリスクを減らすことを考えると手術も選択肢に入れておきましょう。手術以外の治療方法をしても効果がなければ、保険適用となり医療費も安くなることがありますので、まずは手術以外の治療法を試してみてからでも良いのかもしれません。

鏡を見る女性

多種多様な疣贅のタイプ

世の中には様々ないぼの種類があるので、整理して覚えておきましょう。尋常性疣贅や足底疣贅、老人性疣贅には、それぞれに特徴があります。どれも早めに通院し、早期での治療や手術をすることが一番の対処法になることは変わりありません。

注射

美しい肌を手に入れるため

いぼに対する悩みは決して少なくありません。通常の皮膚科で効果がない場合には、美容皮膚科を訪れてみると良いでしょう。手術の方法や治療方針など、美しい皮膚を手に入れるための治療を受けられます。初めてでも安心してカウンセリングを受けてみてください。